スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ 

トロピカル・パンチ:コノスル ヴィオニエ

2011_11_15_22_16.jpg


ヴィオニエ・リゼルヴァ・コノスル 2009

コノスル・リゼルヴァ・オールキャスト、最初はヴィオニエです。
ヴィオニエ飲むの久しぶりー。

色は輝きのある金色。
割と粘度は高めです。

香りはフルーツのアロマが強いですねー。
パインやグレープフルーツ、青りんごといったフルーツの香りにハチミツのような甘みを伴った香りがぐわぁ~っとあがってきます。

味は力強い甘みと酸みですっごいパンチがあります。
グレープフルーツのようなほのかな苦味が後味を引き締めてくれます、
余韻は長めです。

うわートロピカル!
フルーツバスケットみたいです。
華やかで女性的なんですが、すごいパンチがあるんですよね。
すっごいハッキリした性格の女の人みたい。

コノスル、すごーい。


【名前】 ヴィオニエ・リゼルヴァ・コノスル 2009
【種類】
【産地】チリ/コルチャグアヴァレー
【品種】 ヴィオニエ 100%
【タイプ】辛口
【価格】1,000円(12本セットで12,000円)
【お店】ワイン通販『ワイナリー和泉屋』
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

TAG : 白・軽 1,000円~2,000円 ヴィオニエ

緑の稲妻が僕を攻める~

2011_ 6_14_17_56

ミゲルトーレス トルメンタ オーガニック ヴィオニエ2009

ラベルがかっこいい!!
すごくドラマチックで印象的なラベルです。
いただきものですが、きっとジャケ買いです。

TORMENTAは“嵐”という意味らしいです。
これも先日のゲヴェと同じ名門トーレス家が送り出すワインです。

IMO(オーガニック国際認定機関、本部スイス)の厳重なチェックとテストを受けた有機栽培のカベルネ・ソーヴィニヨンを使用。人工的ではない、自然の持つ純粋さと力強さを表し、TORMENTA“嵐”と名付けられています。


色はうすーいライムグリーンです。

香りはあまり強くないです。青りんごのようなさわやかな香りです。

味は甘みの印象が強いです。
和三盆とか、上質な粉砂糖のようなほんのりした奥ゆかしい甘みを感じます。
そしてフルーティで、鼻の奥でベーコンのようなスモーキーな香りがします。

なんか、私が飲んだヴィオニエはどれも品がいいというか、すっきりとおとなしめのものが多いみたいです。
となると・・・マークさんの「ヴィオニエ=フルーツ爆弾」説が若干怪しくなってきます。



【名前】 ミゲルトーレス トルメンタ オーガニック ヴィオニエ2009
Miguel Torres Tormenta organic Viognier
【種類】
【産地】チリ/セントラルバレー、クリコバレー
【品種】 ヴィオニエ 100%
【タイプ】辛口
【価格】1,700円

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ 

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

TAG : 白・軽 1,000円~2,000円 ヴィオニエ

ベジタリアンにおすすめ

IMG_20110530215228.jpg

アナケナ ヴィオニエ シングルヴィンヤード 2010

前回のフルーツ爆弾が不発だったため、再チャレンジ。
今日はチリのヴィオニエです。

色は霧がかかったような薄いレモンイエローです。
爆弾にしては落ち着いた色合いです。

香りはいいですね!
パインやピーチ、マスカットのようなフルーツ爆弾にふさわしい香りが次々と立ち上がります。
ちょっとゲヴェに似た系の香りです。

味はさわやかな甘みがありつつも、さらっとしています。
控えめな酸味で、後味に心地いい苦味があります。
あれ、意外あっさりしてる。

味もゲヴェに似てるところはあるのですが、もっと草食系です。
ゲヴェが中華やチョリソみたいなスパイシーでしっかりした料理に合いそうなのに対して、ヴィオニエはフレッシュな野菜やシンプルな野菜のグリルに合いそうです。
相似形でありつつ、対照的な、うーんフィービーとアースラみたいな?

単体だと、私はゲヴェの方が好みかなー。

いや、違うな。

どっちが好みってことじゃなく、料理に合わせてワインを選ぶというオプションが手に入ったのだな。

どっちも好きー。

でも、マークさんの言うフルーツ爆弾って・・・
カリフォルニアのヴィオニエを試すべきなんだろうか・・・。



【名前】 アナケナ ヴィオニエ シングルヴィンヤード 2010
Anakena Viognier Single Vineyard
【種類】
【産地】チリ/ラペルヴァレー
【品種】 ヴィオニエ 100%
【タイプ】辛口
【価格】1,400円くらい

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ 

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

TAG : 白・軽 1,000円~2,000円 ヴィオニエ

ソーヴィニョン・ブランなヴィオニエ

IMG_20110528125538.jpg


ル・グラン・ノワール ヴィオニエ 2007

「シャルドネの代わりにフルーツ爆弾ヴィオニエを」
マークさんによるヴィオニエのふれこみはこうだった。

でも、なかなか日本のワインショップにヴィオニエって置いてないのね。

たまたま見つけたヴィオニエは禁断のフランスもの。
うーん、相性悪いんだよなぁ・・・・。

でも、なかなか売ってないから、思い切って買ってみた。
ラベルも羊さんでかわいいし。

色はうすーいペールグリーン。
へー。シャルドネの代わりのフルーツ爆弾だから黄金色に輝く液体を想像していたのに、結構薄いんだな。

香りはパイナップルのようなトロピカルフルーツ系の香りとほのかにハーブのような草系の香り。ワインの紹介文などを読んでみると「スミレなどの白い花」と書いてあるけど、いや、ソーヴィニョン・ブランっぽい草系の香りだと思う。

味もシャルドネよりはソーヴィニョン・ブラン寄り。
すっきりとしてさわやかな酸味です。

決してまずくない。

しかし、フルーツ爆弾の口になっているので、あきらかに物足りない。
もっとゲヴェ的な特徴的な強めの味と香りを想像していたのに。
すごいあっさり、さっぱり。

いや、このワインが悪い訳じゃないと思うけど、なんか肩透かし感が・・・

フランス禁止令がでました。

ル・グラン・ノワールのワインメーカーはイギリス出身でフランスに移住し、その後スペイン、イタリア、ドイツ、トルコ、ハンガリー、ルーマニア、チリ、アルゼンチン、南ア、米国、モロッコと世界各国で醸造コンサルタント業を展開しているヤリ手なんだそう。こういう人をフライング・ワインメーカーというらしい。

フライング・ワインメーカーという言葉は、もともとはオーストラリアの醸造家がオフシーズンに季節が逆の北半球で醸造を行うことからできたんだって。二毛作だね。土地を変えて醸造するなんて、フランスのワインメーカーは思いつかないだろうなぁ。アペラシオンが全てだもんね。新世界の人だからこそ、思いついた技。



【名前】 ル・グラン・ノワール ヴィオニエ 2007
Le Grand Noir Viognier
【種類】
【産地】フランス/ラングドック
【品種】 ヴィオニエ95%、シャルドネ5%
【タイプ】辛口
【価格】1,600円くらい


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ 人気ブログランキングへ 

テーマ : ワイン - ジャンル : グルメ

TAG : 白・軽 1,000円~2,000円 ヴィオニエ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。